トップ / 歯磨きの予防歯科効果

歯磨きの予防歯科効果

歯磨きで予防歯科

歯科の基本は歯磨きです

歯の健康が、体の健康に影響を与えることはよく知られています。そのために、日本人の8割がかかっている歯周病は、検診が欠かすことができません。しかし、歯科では検診はできますが、毎日のお手入れをするのはその本人になります。歯磨きを、正しくすることと、それを忘れずに継続していくことが自分の歯のためになります。自分の歯を守るのは歯科の先生ではなく、その本人になります。後は、その手助けをしてもらうことになり、本人が頑張るからこそ、歯周病も進行を抑えることが可能になります。基本は、正しい歯磨きしかありません。

歯科,先生

歯磨きは予防のための一歩

大切な歯が虫歯や歯周病にならないように「予防歯科」に力を入れている歯医者も多数あります。特に歯を守る意味で毎日の歯磨きは欠かせませんので、正しく出来ているかどうか、出来ていない場合はどのように磨けば良いかについての指導を行なっています。医師は治療技術の向上に日々取り組んでおり、歯にトラブルが起こった場合も「極力抜歯をしない」という方針のもとで治療をしていますが、どうしても抜くしかない場合は歯科医師が患者さんにきちんと説明をしています。毎日歯磨きをしていても歯にトラブルが起きるケースはありますが、生涯自分の歯で食べられるようになるためには、日頃のケアが必要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 良い歯科医院の選び方に関して. All rights reserved.