トップ / 虫歯かなと思ったら歯科へ

虫歯かなと思ったら歯科へ

虫歯なら歯科へ行く

虫歯は放置せず歯科へ

冷たいものを飲食すると歯にしみたり、痛かったりということがあります。知覚過敏という原因もありますが、大きな原因としては虫歯が考えられます。とはいえ、歯科に通うのは面倒だし、怖いし、ということで放置するケースもあります。しかし、虫歯はある程度進んでしまいますと、悪化する一方です。そして、虫歯を治療しないでいると、他の歯まで悪くなりがちです。最近では患者さんに負担の少ない治療をしてくれる歯科も多くなってきましたので、早めの治療をおすすめします。また、歯医者さんに行けば、ヘルペスなどを発見することもできます。

歯科,先生

歯科で顎の悩みを解消

歯科でお世話になる疾患の一つに、顎関節症があります。これはあごの関節の調子がおかしくなり、ものを食べるときに音がしたり、痛みが出たり、口を開けづらくなったりするものです。この病気はポピュラーなものですが、生活に支障が出ることも少なくありません。ただ、親知らずなどの他の原因があることもありますので、それをきちんと識別するためにも歯科にかかることをおすすめします。この病気は噛み合わせが悪いことも一つの原因ですので、それを治すことも重要です。歯並びが悪いなどのお悩みは矯正で解消することができます。

↑PAGE TOP

© Copyright 良い歯科医院の選び方に関して. All rights reserved.